平成12年

■産業機械の受注状況 (平成13年2月14日 9時一般公表)

平成12年の受注総額は、対前年比4.4%増の4兆9,411億円となった。
うち、内需は、対前年比1.7%増の3兆8,551億円、一方外需は対前年比15.4%増の1兆860億円となった。

■ 需要部門別受注状況
 民需製造業向け:対前年比 20.5%増の9,890億円
 民需非製造業向け:対前年比16.6%減の1兆19億円
 官公需向け:対前年比3.8%増の1兆4,607億円
 外需:対前年比15.4%増の1兆860億円
■ 機種別受注状況

ボイラ及び原動機
 内需は、対前年比24.9%減の7,695億円。
 外需は、対前年比14.2%増の3,063億円。
 総合では対前年比16.8%減の1兆758億円。

鉱山機械
 内需は、対前年比15.0%増の448億円。
 外需は、対前年比31.3%減の18億円。
 総合では対前年比12.1%増の466億円。

化学機械(冷凍機械、大気汚染防止装置、水質汚濁防止装置を含む)
 内需は、対前年比18.4%増の1兆297億円。
 外需は、対前年比28.8%増の3,584億円。
 総合では対前年比20.9%増の1兆3,882億円。

タンク
 内需は、対前年比128.9%増の133億円。
 外需は、対前年比69.4%減の12億円。
 総合では対前年比45.4%増の146億円。

プラスチック加工機械
 内需は、対前年比23.1%増の760億円。
 外需は、対前年比14.4%増の1,007億円。
 総合では対前年比18.0%増の1,767億円。

ポンプ
 内需は、対前年比1.0%増の3,127億円。
 外需は、対前年比9.5%減の533億円。
 総合では対前年比0.7%減の3,660億円。

圧縮機
 内需は、対前年比20.1%増の1,148億円。
 外需は、対前年比22.1%増の405億円。
 総合では対前年比20.6%増の1,554億円。

送風機
 内需は、対前年比8.8%増の388億円。
 外需は、対前年比8.9%増の16億円。
 総合では対前年比8.8%増の404億円。

運搬機械
 内需は、対前年比19.3%増の2,937億円。
 外需は、対前年比16.8%増の800億円。
 総合では対前年比18.8%増の3,737億円。

変速機
 内需は、対前年比8.5%増の423億円。
 外需は、対前年比15.8%増の110億円。
 総合では対前年比9.9%増の533億円。

金属加工機械
 内需は、対前年比40.6%増の679億円。
 外需は、対前年比37.7%減の48億円。
 総合では対前年比5.4%減の1,107億円。

その他産業機械(メカニカルシール、業務用洗濯機、ごみ処理装置等を含む)
 内需は、対前年比3.6%増の1兆510億円。
 外需は、対前年比48.5%増の880億円。
 総合では対前年比6.1%増の1兆1,391億円。

 
■産業機械の輸出契約状況 (平成13年2月14日 9時一般公表)

平成12年の産業機械輸出契約高は対前年比11.6%増の9,906億円となった。  これを単体機械とプラントに分けてみると、単体機械では、ボイラ・原動機、パルプ・製紙機械、プラスチック加工機械、風水力機械、運搬機械、変速機、冷凍機械、その他産業機械で増加し、地域的には、アジアで若干減少したものの、北米・南米・欧州・アフリカで増加し、対前年比12.2%増の8,092億円となった。
プラントでは、大型プラント案件は無かったものの、主力のアジアを中心に増加傾向を示し、機種別では、化学・石油化学プラント、海水淡水化プラントで増加し、対前年比8.8%増の1,813億円となった。

 
■環境装置の受注状況 (平成13年2月15日 9時一般公表)
平成12年の環境装置の受注額は対前年比10.6%増の1兆5,315億円、となった。
■ 需要部門別受注状況
 民需製造業向け:対前年比37.5%増の904億円
 民需非製造業向け:対前年比37.4%減の570億円
 官公需向けは:対前年比14.0%増の1兆3,371億円
 外需:対前年比13.5%減の469億円
■ 各種装置別の受注状況
 大気汚染防止装置:対前年比5.0%減の1,343億円
 水質汚濁防止装置:対前年比4.4%減の5,815億円
 ごみ処理装置:対前年比29.0%増の8,121億円
 騒音・振動防止装置:対前年比29.6%減の35億円
 
※なお、各受注契約状況に関する統計資料の詳細は、上記一般公表時点より事務局において配布しております。
 
お問合せ先
本部(東京)企画調査部
TEL03-3434-6823
FAX03-3434-4767
mail: prd@jsim.or.jp
このウインドウを閉じる
Copyright(C)2014 The Japan Society of Industrial Machinery Manufactures