平成22年度 循環型社会構築及び地球環境保全に関する調査研究等補助事業

 
本事業は、競輪の補助を受け実施した事業である。
ringringプロジェクト
 

(1)事業の目的

循環型社会の構築及び地球環境保全を目的とし、2020年の我が国環境ビジネスがどのように変化しているか、その姿を描くとともに、我が国環境ビジネスによる新興国への環境保全技術等の協力手法の策定及びEUを中心とした環境ビジネスの情報収集を行うことにより、機械工業の振興に寄与する。

 

(2)事業内容

上記目的達成のため、下記事業を実施した。

@2020年における我が国環境ビジネスに関する調査研究

A新興国等における環境政策等に関する調査研究

B環境装置等に関する動向調査研究

 

平成21年度 循環型社会構築及び地球環境保全に関する調査研究等補助事業

 
本事業は、競輪の補助を受け実施した事業である。
ringringプロジェクト
 

(1)事業の目的

今後(2020年頃)の社会情勢の変化による我が国環境ビジネスの在り方を描くとともに、我が国環境ビジネスの新興国進出戦略の策定の検討を行う事により、我が国環境装置産業の技術開発・ビジネスイノベーションの推進及び国際競争力強化につながり、もって機械工業の振興に寄与する。

 

(2)事業内容

上記目的達成のため、下記事業を実施した。

@2020年における我が国環境ビジネスに関する調査研究

A新興国等における環境政策等に関する調査研究

B環境装置等に関する動向調査研究

 

平成20年度 循環型社会構築及び地球環境保全に関する調査研究等補助事業

本事業は、競輪の補助を受け実施した事業である。
 

(1)事業の目的

国内外の環境問題、エネルギー問題の解決に貢献するため、グリーン・サービサイジングによる環境負荷低減手法のあり方等の検討、環境装置産業におけるエネルギー対策、代替エネルギー化社会確立に向けた検討、また新たな環境対策技術に関する検討等を行い、もって機械工業の振興に寄与する。

 

(2)事業内容

上記目的達成のため、下記事業を実施した。

@環境負荷を指向したグリーン・サービサイジングに関する調査研究

A環境装置産業におけるエネルギー構造変化に関する調査研究

B環境装置等に関する動向調査研究

 
 

平成19年度 循環型社会構築及び地球環境保全に関する調査研究等補助事業

 
本事業は、競輪の補助を受け実施した事業である。
 

(1)事業の目的

国内外の環境問題解決に貢献するため、廃棄物の有効利用の促進を図るための方策の検討、海外における環境政策の動向に関する調査及び次世代環境保全技術・装置の研究等を行い、もって機械工業の振興に寄与する。

 

(2)事業内容

上記目的達成のため、下記事業を実施した。

@環境負荷低減を指向したグリーン・サービサイジングに関する調査研究

A環境装置産業におけるエネルギー構造変化に関する調査研究

B欧米の環境政策・規制動向を踏まえたわが国環境対策技術等調査

C環境装置等に関する動向調査研究

 

平成18年度 循環型社会構築及び地球環境保全に関する調査研究等補助事業

 
本事業は、競輪の補助を受け実施した事業である。
 

(1)事業の目的

国内外の環境問題解決に貢献するため、廃棄物の有効利用の促進を図るための方策の検討、経済発展等に伴い環境対策が課題となってくる東アジア諸国の環境ビジネスの創出、また次世代環境保全技術・装置の研究等を行い、もって機械工業の振興に寄与する。

 

(2)事業内容

上記目的達成のため、下記の事業を実施した。

@国際的なリサイクルネットワーク市場調査

A再生資源(溶融固化物)の利用拡大に関する調査研究

B海外環境ビジネスに関する調査研究

C欧米の環境政策・規制動向を踏まえたわが国環境対策技術等調査

D環境装置等に関する動向調査研究

 

平成17年度 循環型社会構築及び地球環境保全推進に関する調査研究補助事業

 
本事業は、競輪の補助を受け実施した事業である。
 

(1)事業の目的

国内外の環境問題の解決に貢献するため、廃棄物の有効利用の促進を図るための方策の検討、経済発展等に伴い 環境対策が課題となってくる東アジア諸国の環境ビジネスの創出、また次世代環境保全技術・装置の研究等を行い、もって機械工業の振興に寄与する。

 

(2)事業内容

上記目的達成のため、下記の事業を実施した。

@国際的なリサイクルネットワーク市場調査

A再生資源(溶融固化物)の利用拡大に関する調査研究

B海外環境ビジネスに関する調査研究

C次世代型環境装置・プラントに関する調査研究

D環境装置等に関する動向調査研究

お問合せ先
本部(東京) 環境装置部
TEL03-3434-6820
このウインドウを閉じる
このページのトップへ
Copyright(C)2014 The Japan Society of Industrial Machinery Manufactures