風力発電関連機器産業に関する調査研究報告書
  風力発電機の本体から部品などまで含めた風力発電関連機器産業に関する生産実態等の調査を実施し、各分野における産業規模や市場予測、現状での課題などを分析し、本報告書にまとめた。
  【概要はこちらです】
   頒 価:5,000円(税込)
   連絡先:本部(東京)環境装置部 TEL 03-3434-7579
  【申込用紙はこちらです】

会員名簿2016
  工業会会員の本社及び支社所在地、取扱機種の一覧などをまとめたもの。
   頒 価:1,080円(税込)
   連絡先:本部(東京)総務部 TEL:03-3434-6821

一般社団法人 日本産業機械工業会規格(JIMS)一覧表
 

2010年に向けての産業用ボイラ需要動向と今後の展望
  産業用ボイラの今後の需要予測と展望について、
過去5年間のボイラ業界の実績調査を基礎にまとめたもの。
 頒 価:2,000円(税込)

「化学機械製作の共通課題に関する調査研究」報告書
 
第1版(平成6年3月発行)
特定設備検査規則に係る機器の審査・化学機械の製作に関する自動化、
省人化・化学機械の製造物責任における警告ラベル
 ※在庫なし
 
第2版(平成8年3月発行)
圧力設備の法規制と体系設備の検討・ユ−ザの化学機械に対する
輸入品使用の意欲と問題点・圧力容器の余寿命診断技術と対策
 ※在庫なし
 
第3版(平成10年3月発行)
化学機械の海外調達・生産の調査研究・圧力容器に関する
輸出先国の法規制・我が国における化学機械製造の歩みと将来展開
 ※在庫なし
 
第4版(平成12年3月)
圧力容器の海外市場価格調査・化学機械のCEマーキングと
PL法・化学機械の技術、市場動向と新材料の調査
 ※在庫なし
 
第5版(平成14年5月)
化学機械の将来展望、動向調査・圧力容器国内規格と
欧米規格の比較検討調査(国内規格改定に向けての提言)
 ※在庫なし
 
第6版(平成16年7月)
最新の化学機械技術の紹介・バイオマス資源に係る化学機械の役割
 ※在庫なし
 
第7版(平成18年6月)
中国ボイラー圧力容器安全品質ライセンス(SQL)と新中国圧力容器製造許可の比較
・圧力容器の構造JISB8265と中国圧力容器構造GBとの比較
 ※在庫なし
 
第8版(平成20年6月)
化学機械分野における輸出管理手続き
 ※在庫あり・頒価:1,000円(税込)
 
第9版(平成22年6月)
圧力容器に関する海外ベンダーリスト
圧力容器に関する輸出先国の法規制
 ※在庫あり・無償
 
第10版(平成24年6月)
各種化学機械照会時の基本仕様確認項目
 ※在庫あり・無償
 
第11版(平成26年7月)
化学機械の仕向け国規制への対応例
 ※在庫あり・無償
   
    連絡先:本部(東京)産業機械第1部 TEL 03-3434-3730
平成22年度 2020年における我が国環境ビジネスに関する調査研究報告書
平成22年度 新興国等における環境政策等に関する調査研究報告書
平成27年度 環境装置の生産実績
   以上3点(実費負担願います)
   連絡先:本部(東京)環境装置部 TEL03-3434-6820

プラスチック機械産業の市場動向調査報告書(2017年2月発行版)
  射出成形機、押出成形機、ブロー成形機に関する2016〜2017年の市場動向を取りまとめたもの。
   頒 価:1,000円(税込)

プラスチック機械産業の現状と課題(平成25年2月15日発行)
  プラスチック機械産業の置かれている現状の分析と課題の抽出を行うとともに、プラスチック機械産業がさらに発展していくために必要な取り組みについてまとめたもの。
  プラスチック機械産業の現状と課題(PDFファイル)

射出成形機の部品故障によるリスクの評価と対策としての点検頻度一覧表(平成28年6月14日発行)
  稼働する射出成形機の予防保全に必要な事柄として、射出成形機の重要部品が故障することによるリスクの評価と、対策としての点検の頻度・有効性・方法についてまとめたもの。
  射出成形機の部品故障によるリスクの評価と対策としての点検頻度一覧表(PDFファイル)
   連絡先:本部(東京)産業機械第2部 TEL 03-3434-6826

メカニカル・シールハンドブック 初・中級編(改訂版)
  メカニカルシ−ルに関する用語、分類、基本特性、寸法、材料選定等についてまとめたもの。
 頒 価:2,000円(税込)

ロータリ・ブロワ(ルーツ式)の手引き(web版のみ。こちら からご覧になれます。)
  ロータリ・ブロワ委員会でロータリ・ブロワ(ルーツ式)の歴史、分類、原理・構造、性能範囲、用途例について初心者、ユーザー、 学生向けに平易にまとめたもの。

風水力機械産業の現状と将来展望 −2016年〜2020年−
  1980年より約5年に1度、風水力機械部会より発行している報告書の最新版。
本報告書は、風水力機械産業の代表的な機種であるポンプ、送風機、汎用圧縮機、プロセス用圧縮機、メカニカルシールのそれぞれの機種ごとに需要動向と予測、技術動向、国際化を含めた今後の課題と対応についてまとめている。
風水力機械メーカはもとより官公庁、エンジニアリング会社、ユーザ会社等の方々にも有益な内容である。
 頒 価:会員1,500円(税込)、会員外2,000円(税込)【申込用紙はこちらです】

メカニカルシールハンドブック「メカニカルシールの損傷例と対策」
  メカニカルシールの損傷現象から損傷原因と対策の事例を収録したもの。メカニカルシールにおけるトラブルシューティングの決定版。
 頒 価:5,000円(税込) 【申込用紙はこちらです】
   以上5点
   連絡先:本部(東京)産業機械第1部 TEL03-3434-3730

ユニット式ラック構造設計基準(JIMS J-1001:2012)解説書
  ユニット式ラックの構造設計を行う場合の地震動に対する考え方をより理解してもらうための解説書として、JIMS J-1001:2012と併せた活用を前提として発行した。JIMS J-1001:2012を解説・補足する位置付け。
 頒 価:800円(税込)

物流システム機器ハンドブック
  (1)各システム機器の分類、用語の統一、(2)能力表示方法の統一、標準化、(3)各機器の安全基準と関連法規・規格、(4)取扱説明書、安全マニュアル、(5)物流施設の計画における寸法算出基準。
 頒 価:3,990円(税込)

物流センターの計画と機器選定(事例と解説)
  本書では、物流システムの中心的な施設である物流センターに着目し、そこで実際に使用されている物流機器・システムを起点にして解説したもの。
 頒 価:4,000円(税込)

ゴムベルトコンベヤの計算式(JIS B 8805-1992)計算マニュアル
  現行JIS(JIS B 8805-1992)の内容は、ISO5048に準拠して改正されたが、旧JIS(JIS B 8805-1976)と計算手順が異なるため、これをマニュアル化したもの。
 頒 価:1,000円(税込)

コンベヤ機器保守・点検業務に関するガイドライン
  コンベヤ機器の使用における事業者の最小限の保守・点検レベルを確保するためガイドラインとして纏めたもの。
 頒 価:1,000円(税込)

チェーン・ローラ・ベルトコンベヤ、仕分コンベヤ、垂直コンベヤ、およびパレタイザ検査要領書
  ばら物コンベヤを除くコンベヤ機器については、検査要領の客観的な指針がないため、設備納入メーカーや購入者のガイドラインとして作成したもの。
 頒 価:1,000円(税込)

バルク運搬用 ベルトコンベヤ設備保守・点検業務に関するガイドライン
  コンベヤ機器を利用目的に応じて、安全にかつ支障なく稼動させるには日常の保守点検は事業者にとって必須条件であり、義務であるが、事業者や事業内容によって保守・点検の実施レベルに大きな差が在るのが実情である。本ガイドラインは、この様な情況からコンベヤ機器の使用における事業者の最小限度の保守・点検レベルを確保するためのガイドラインとしてまとめたものである。
 頒 価:500円(税込)

バルク運搬用 ベルトコンベヤ検査基準
  バルク運搬用ベルトコンベヤの製作、設置に関する部品ならびに設備の機能を満足するための検査項目、検査個所および検査要領とその判定基準について規定したもの。
 頒 価:1,000円(税込)

ユニバーサルデザインを活かしたエレベータのガイドライン
  ユニバーサルデザインの理念に基づいた具体的な方法をガイドラインとして提案したもの。
 頒 価:1,000円(税込)

東京直下地震のエレベーター被害予測に関する研究
  東京湾北部を震源としたマグニチュード7程度の地震が予測されていることから、所有者、利用者にエレベーターの被害状況を提示し、対策の一助になることを目的として、エレベーターの閉じ込め被害状況の推定を行ったもの。
 頒 価:1,000円(税込)

ラック式倉庫のスプリンクラー設備の解説書
  平成10年7月の消防法例改正に伴い、「ラック式倉庫」の技術基準、ガイドラインについて、わかりやすく解説をしたもの。
 頒 価:1,000円(税込)


巻上機の特別アセスメント指針(平成22年3月5日発行)
巻上機の特別アセスメント実施要領(平成22年3月5日発行)
  標準形巻上機を長期間安全に使用するため、リスクアセスメントの一環として行う巻上機の特別アセスメントについて定めたもの。
 一般社団法人日本電機工業会 オンラインストアにてPDF版を無償公開中
   以上13点
   連絡先:本部(東京)産業機械第2部 TEL03-3434-6826

産業機械の地域間製造コストの格差に関する調査研究
  化学プラントのロケーションファクター、コストインデックス及びプライスインデックスを作成。
  平成15年度 産業機械の地域間製造コストの格差に関する調査研究(PDFファイル)
  価値創造型ものづくり力強化に資する協調型フロントローディング設計支援
技術開発に関する調査研究 報告書(要旨)
 (PDFファイル:5MB)
   連絡先:本部(東京)技術部 TEL 03-3434-3730
  海外情報
    連絡先:本部(東京)海外業務部 TEL 03-3434-6824
エコスラグ利用普及委員会

溶融スラグ利用促進事例集
  溶融固化物の品質確保に係る技術及び温室効果ガス排出抑制対策に関する情報を整理した。また、施設設備の概要や利用用途別のスラグ有効利用量,利用指針等を事例集としてとりまとめた。
 2011年10月発行 頒価:2,000円(税込)

2016年度版 エコスラグ有効利用の現状とデータ集
  全国におけるエコスラグの生産状況、利用状況、分析データなどをアンケート調査からまとめた。エコスラグ利用普及委員会の活動についても報告している。
 2017年5月発行 頒価:5,000円(税込)
 ※書籍申込用紙にてCDか書籍、どちらかをお選び下さい。

道路用溶融スラグ品質管理及び設計施工マニュアル(改訂版)
  平成28年10月20日に改正されたJIS A 5032「一般廃棄物、下水汚泥又はそれらの焼却灰を溶融固化した道路用溶融スラグ」について、溶融スラグの製造者、および道路の設計施工者向けに関連したデータを加えて解説した。  2017年3月発行 頒価:3,000円(税込) 

港湾工事用エコスラグ利用手引書
  本手引書は、エコスラグを港湾工事用材料として有効利用するために、設計・施工に必要な、エコスラグの物理的・化学的特性をまとめた工法としては、サンドコンパクションパイル工法とバーチカルドレーン工法を対象としている。
 2006年10月発行 頒価:実費頒布

JIS A 5031 一般廃棄物、下水汚泥又はそれらの焼却灰を溶融固化したコンクリート用溶融スラグ骨材
   2016年10月発行  頒価:3,200円(税込)+送料410円/回

JIS A 5032 一般廃棄物、下水汚泥又はそれらの焼却灰を溶融固化した道路用溶融スラグ
   2016年10月発行  頒価:2,900円(税込)+送料410円/回
   【各種書籍の申込用紙はこちらです】
   以上5点
   連絡先:本部(東京)エコスラグ利用普及委員会 TEL 03-3434-7579
競輪の補助を受け実施した事業一覧
    連絡先:本部(東京)環境装置部 TEL:03-3434-6820
 
このページのトップへ
Copyright(C)2016 The Japan Society of Industrial Machinery Manufactures